申込はネットがスタンダードの時代

かつてキャッシング申込の手段は無人自動契約機へ出向いてローンカードを作成する、または電話で申込する方法が一般的でした。

新宿など駅前には多くの金融機関の契約機がありますよね。新宿は日本で一番金融機関が多いところだと思います。

しかしそれも時代と共により利便性を高めるために、ネットからの申込が徐々に主流になっていきます。

今や日本人の10人に8人が持っている携帯電話から、ネットに繋いでネットから申込する事ができるのです。

ネットからのキャッシング申込の大きなメリットは、いつでもどこに居てもネットが繋がる環境であれば、スマートに申込する事が出来ます。

それこそ通勤電車の中や就寝前のベッドの中からも申込する事ができるのです。ネットが主流となったここ10年くらいの間にキャッシングの申込方法も劇的に変化してきました。

その影響からか、街中に無数にあった消費者金融の無人自動契約機が姿を消していったのです。ネットからの申込なら24時間体制で受付してくれますし、また申込にかかる時間も大幅に短縮化されます。

申込だけして後は在籍確認でキャッシング業者からの連絡を待つだけです。基本的にキャッシング業者の人間とは顔を合わせず、また話すことないのが今のキャッシングのトレンドです。

対面で申込するとなると、なんとなく心理的に気まずさがありますが、この方法ならそんな不安もなく安心して申込する事ができます。

今、新規キャッシング申込はネットが主流です。また契約の手続きまでネットで済ませてしまうのが徐々にスタンダードとなりつつあります。

もう対面で紙に記入する申込は時代遅れとなっているのです。

私は車を購入するときのローン申し込みも、ネットから申込して審査を受けましたよ。

専業主婦の私でも借りることができ、無事車も購入することが出来ました(^^♪

 

ネット上でキャッシング審査が可能

ネット上でキャッシング申込する場合、非対面でどのようにして審査を行うのでしょうか。

通常、消費者金融の無人契約機などは、対面ではないものの機械の正面にカメラが付いており、そのカメラを契約部門で確認し相手の顔を見ながら手続きを進めていきます。

しかしネットからの申込では、本人を直接目視で確認する術がありません。

しかし今、多くのキャッシング業者が行っている本人確認手段として、SNSのテレビ通話機能を活用するという方法が取られています。

またキャッシング業者によっては、免許証や保険証を携帯のカメラで撮影し、それをメールで送る方法を取っているところもあります。

このようにとてもスマートな方法で新規のキャッシング申込をすることが出来るようになってきたのも、貸金業者は法律の制限によって、必ず一回は本人と話をしなくてはならないという決まりがあります。

そしてそれは、いくらスマートな申込方法が主流となりつつある時代になったとしても、その時代にあった本人確認が必要なのです。

ネット上でキャッシングの審査をどのようにスマートに行えば良いのか?また今の時代に合った方法で行うにはどうしたら良いのかを考えた時、SNSのビデオ通話機能や本人確認資料を写メで送付という方法が今の時代に最も合った手段なのかもしれません。

わざわざ店舗に足を運ぶ必要もありません。以前だったら新宿などの店舗に行かなければならず、どうしても煩わしい面がありましたからね。

消費者金融の無人自動契約機がその役目を終えようとしている今、申込から本人確認までのプロセスはいかにスマートに行うかがネックになっています。